さくら経営支援室(三重・四日市)は社会保険労務士“プラスα”のサービスで中小企業をサポートします!〈TEL.059-328-5306〉
トップページ » プロフィール » 社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の仕事

「社会保険労務士は年金の専門家」..そう考えるのは早計です。このページでは、その誤解を解きながら、社会保険労務士の仕事のアウトライン(大枠)や選び方のコツについて記ます。

 

▶ヒト分野のスペシャリスト


社会保険労務士は、年金分野の法律だけでなく、労働基準法をはじめとする各種労働法にも精通し、労使トラブルを未然に防止したり、納得感のある賃金制度を考案する仕事も担っています。

端的に表現すれば、社会保険労務士は、経営資源の三大要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、“ヒトの分野に関するスペシャリスト”とも呼べる有資格者のことです。

 

▶労務管理のアドバイザー


民法上、契約を交わす者同士が合意すれば、どんな内容であっても自由に条件が決められます。ですから、本来は経営者と従業員の間でどのような約束事をしてもOKなのです。

ところが、立場の強い経営者から立場の弱い従業員を守るべく、労働法が「お互いに合意した条件であってもダメ!」と、国家権力を背景とした強制的な修正をかけてきます。

労働法は義務教育では詳しく教えられていない..にもかかわらず、従業員を雇って会社経営する際には、知っていて当り前くらいの勢いで、その遵守を求められる..。

経営者の方が純粋に知らなかっただけなのに、その不備を指摘され“ブラック企業”の汚名を着せられたり、無用なトラブルに巻込まれる..それは、余りにも酷な状況です。

社会保険労務士は、このような状況を回避・打開すべく、労働法の知識をベースに“労務管理のアドバイザー”として中小企業経営者をサポートする役割が期待される者なのです。

 

▶様々なタイプの社会保険労務士


ひと口に「社会保険労務士」と言っても、その専門分野は様々です。

年金相談を中心に個人相手にビジネス展開している者、企業相手に社会保険関係の手続代行をメインに手がけている者、助成金の獲得が得意な者etc.

医療業界が内科や小児科等の分野に別れているように、実は、社会保険労務士も、いくつかのタイプに別れます(..そして、能力・レベルもかなり個人差があります)。

もしも、社会保険労務士から最大のパフォーマンスを引き出したいと考えるなら、自社の問題を明確にした上で、その問題を専門に扱っている者を探してみて下さい。

そのひと手間が加わるか否かで、同じような報酬を支払っていても、全く異なる成果を享受することができるでしょう。

 

▶社労士事務所を選ぶコツ


最後に、社会保険労務士(事務所)を選ぶ際のコツについて、もう一つふれておきます。

世間一般に、職員を多く抱える“大手事務所”は、その仕事のレベルも高いと思われているようです。しかし、これは全くもって誤った認識です。

大手事務所は、ボスの社労士と自分の名前で看板を上げられない修行中の職員で構成されています..つまり、ボスと職員の仕事のレベルには、相当な格差があることを覚悟しなければいけません。

大手事務所に業務委託したとして、実際に仕事を担当してくれるのは誰でしょうか..!?

大手事務所は、給与計算等の“単純作業のアウトソーシング先”としての安定感はありますが、“問題解決のための相談相手”としては個人事務所より劣る先なのです。

特に、労務管理面での悩ましい問題について、実務担当の職員から「こうしたらイイです」といった提案は望めないでしょう..“ボスのお客さん”に下手なことは言えないからです。

ですから、社会保険労務士に求めるものが、“単純作業の請負先”としての機能なのか、“問題解決のアドバイザー”なのかで使い別けすることをおすすめいたします。

なお、さくら経営支援室は、社会保険関係の手続代行も請負いますが、基本的には“問題解決アドバイザー型”の社会保険労務士事務所です。ご興味あれば、お問合せ頂けると幸いです。

 

≪前 メッセージ

次≫ 中小企業診断士の仕事

事務所アクセス

問合用メールフォーム

 


Copyright © SAKURA Business Support 2017 All Rights Reserved.